2013年01月22日

闘う葡萄酒 都農ワイナリー伝説

s12-IMGP0942-m.jpg
闘う葡萄酒 都農ワイナリー伝説
上野敏彦 著 平凡社 定価:1,900円(税別)

「闘う葡萄酒 都農ワイナリー伝説」が平凡社より出版されます!
2013年1月25日から、全国の書店で販売されます。
ワイナリーのショップでも販売いたします。

帯は田崎真也さんがコメント、
そして慶応義塾大学経済学部教授の金子勝さんが
特別寄稿されています!

著者の上野敏彦さんは、共同通信社宮崎支局長を経て、
現在は編集委員兼論説委員。
宮崎支局長の頃、4年間の取材を重ねて、書き上げたのが
「闘う葡萄酒 都農ワイナリー伝説」です。

私たちも上野さんの取材を通じて、上野さんの真摯な姿勢に
いろいろと勉強させて頂きました。
上野さん、ありがとうございました。

s12-IMGP0944-m.jpg
「こんなノーテンキな人物と付き合うため、当時住んでいた
宮崎市から四年の間にJR日豊本線で都農町の町へ
どれくらい足を運んだことだろうか。
週末の多くの時間を費やしたと思うが、
そうした日々の大半はブドウ畑で土を触ったり、
都農の飲み屋で誇り高き頑固者たちと酒を酌み交わしたりして、
最終電車で宮崎へ戻ったものである。」
(本文後書きから抜粋)

「こんなノーテンキな人物」とは、小畑のこと。
そして「誇り高き頑固者たち」とは、黒木玲二さんや塩月良一さん、
小畑 暁や赤尾誠二を始めワイナリーに係った大勢の人たち。

「四年の間にJR日豊本線で都農町の町へ」、
「最終電車で宮崎へ戻ったものである。」
上野さんは毎週末、都農町、都農ワイナリーに取材に来た。
時には急いで駅に駆けつけたものの最終電車に間に合わなく、
さら飲み直したことも。

s12-IMGP0956-m.jpg
そんな膨大な取材の上に書き上げられた労作がこの本。
尾鈴ブドウの誕生秘話から都農ワインの今日までを克明に記録しています。
その中には口蹄疫の惨禍や日本ワインが抱える問題点も鋭く示唆。
そして日向のスローフードにもふれ、ワイン好きだけが読む本ではなく、
都農や日向の風土記としても楽しめる内容です。是非ご一読を!

全国の書店で販売中!
都農ワインShopでも販売しています。

俺より、ローラの写真の方が大きい!(小畑談)



posted by tsunowine66 at 16:12| 宮崎 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 紹介された書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by a4の封筒 at 2013年07月01日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。