2005年08月01日

国産ワインコンクール 速報!!!

img29[1].jpg

平成17年7月13日〜15日の3日間にわたり山梨県甲府市で行われた、ジャパンワインコンペティション(国産ワインコンクール)に今年も出品いたしました。特別審査員にボルドー大学醸造学部助教授ジル・ド・ルベル氏、オーストリア人ワインジャーナリスト デニス・ギャスティン氏をはじめとした19名の審査員により、厳正かつ公正に審査が行なわれました。厳しい予選の中、なんと!
都農ワインのシャルドネエステート(白)が銀賞を受賞!!

同コンクールは日本国内で栽培、収穫されたブドウを使用した国産ワインの品質と知名度の向上を図ろうと行われ、今年が3回目の開催となります。
対象となったのは国内で栽培、収穫された市販のスティルワインとスパークリングワイン。ぶどうの品種やワインの種類による11部門に、全国各地のワイナリーから446点のワインが寄せられました。その内、欧州系の白ワイン111点、内銀賞13点になりました。

都農ワイン 2004 シャルドネ エステート 銀
都農ワイン 2004 シャルドネ アンフィルタード 銅
都農ワイン 2004 シャルドネ アンウディッド 銅
都農ワイン 2004 スパークリングワイン キャンベル・アーリー 銅

出品したワインが全て銅以上、中でもシャルドネ エステートが銀、上々の結果だと思っています。
特に、製品に出すのに色々思い入れがあったスパークリングワイン キャンベル・アーリーが、銅賞を取ったことは、キャンベル・アーリーのスパークリングワインが世に認められたことと、非常にうれしく思っています。
ちなみに昨年は、シャルドネエステートが銅、アンフィルタード、キャンベルが奨励賞でしたので、全体的な品質がレベルアップした評価だと思っております。
これもひとえに都農ワインの愛飲家の皆様、都農町民、宮崎県民の皆様がここまで私どもを育てて頂いた結果と感謝申し上げます。
今年のシャルドネは順調に育っています。来年も今年以上のワインを作る所存ですので、今後とも応援よろしくお願いします。

posted by tsunowine66 at 15:50| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 受賞暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

完売 御礼!

img27[1].jpg

img1082[1].jpg



皆様に大変ご愛顧いただきました、‘04キャンベル・アーリー(ロゼ)が、
お陰さまをもちまして、完売いたしました!
有難うございます。

世界的権威のあるワイン百科、“Wine Report”2004、2005では、
キャンベル・アーリー(ロゼ)が
『アジアで最もお買い得なワイン』 で、
2年連続堂々1位という名誉をいただきました。
また、GLOBAL REPORTとして最もエキサイティングな100のワインにも
選ばれました。(すっご〜い!!!)

キャンベル・アーリー(ロゼ)は、1996年の11月から販売以来、皆さまから
絶大の人気を誇っています。(と、自負しておりマス!)
これからも、皆さまのご期待にこたえるワインをご提供できるよう
頑張りたいと思います!(工場長、赤尾さん、宜しくお願いしますネ!)


‘05ロゼワインの発売は、10月中旬を予定しております。
それまで品切れで皆さまに大変ご迷惑をおかけ致しますが、  
10月の販売を楽しみに待っててくださいネ!                  

完売、誠に誠に有難うございました!!!
posted by tsunowine66 at 15:50| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 受賞暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

ジャパンワインコンペティション  第2回国産ワインコンテストで 都農ワインのシャルドネエステート(白)が 銅賞を受賞!

img12[1].jpg

img299[1].jpg


平成16年7月26日から28日の3日間にわたり山梨県甲府市で行われたジャパンワインコンペディション2004(第2回国産ワインコンテスト 主催:国産ワインコンクール実行委員会)で、厳しい予選を通過し、都農ワインのシャルドネエステート(白)が銅賞を受賞しました。
同コンクールは日本国内で栽培、収穫されたブドウを使用した国産ワインの品質と知名度の向上を図ろうと行われ、今年が2回目の開催となります。
対象となったのは国内で栽培、収穫された市販のスティルワインとスパークリングワイン。ぶどうの品種やワインの種類による11部門に、全国から405点のワインが寄せられました。
コンクールは国税庁の専門家、日本ソムリエ協会関係者、またボルドー大醸造学部助教授などの審査員がブラインドにて1次審査と本審査を行います(なんと!審査員としてHPでもご紹介した、デニス・ギャスティン氏も参加していました)。
また、シャルドネアンフィルタード、キャンベル・アーリーは奨励賞でした。

「くぅ、くやしい〜。来年は頑張るぞぉ」
今後ますます努力して参りますので、ご声援をろしくお願いいたします。

詳しくはhttp://www.jwine.jp/ をご覧下さい。
posted by tsunowine66 at 15:50| 宮崎 ☔ | TrackBack(0) | 受賞暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。